男女

プロを目指すならネイリスト求人を見ておこう

派遣から正社員になる法

JOB

双方が合意すれば本採用

派遣社員の就労形態といえば、身分は派遣会社に属した状態で派遣先の企業等で一定期間働き、契約が終了すればそこでの就労を終え、別の派遣先へ行くか待機となるというのが一般的です。しかし、中にはこれと異なり、派遣期間終了後も同じ企業で、しかも今度は正社員として働くチャンスがあるという派遣形態も存在します。これを紹介予定派遣といいます。紹介予定派遣は、企業が派遣会社から派遣スタッフを受け入れ、就労させるという点では通常の派遣契約と変わりません。異なるのは、将来その者が正社員としてその企業に雇用されるという前提で派遣を受け入れるという点です。といっても自動的に雇用されるわけではなく、派遣期間終了後に企業とスタッフ双方の合意があった場合に初めて正社員になることができます。

互いを知るための準備期間

紹介予定派遣による派遣期間は6か月を原則としますが、これは上限であり、実際にはもっと短い場合もあります。平均すると3か月程度というのが実状となっています。紹介予定派遣の最大のメリットは、正社員として雇用契約を結ぶ前にお互いがお互いを知ることができるという点です。スタッフにとっては、派遣の身分として働きながら仕事の内容や社内の雰囲気を知ることで、自分に合った職場であるかどうかを採用前に見極めることができます。一方、企業側もやはり採用前にスタッフの適性を見て、自社に必要な人材かどうかをチェックすることができます。一般的な採用方法では、履歴書や筆記試験、面接などでしか応募者の人となりを知ることができませんが、この方式ならば本人の性格や勤務態度などを日常業務の中で見ることが可能です。